がんばって皆さん。

これはおそらく報道されていないものの、

絶対あると思うのですが、

なくなってしまったペットのかずも相当多いと思われます。

特にワンちゃんで、それほど若くないものも沢山いたでしょう。

そして川に流されば、水につかり、家族と離ればなれになって、

なくなってしまったわちゃんがいると思うと涙が止まりません.

うちの愛犬もそうなると考えると・・・辛すぎます。

とても辛くて耐えられないような気がします.

家族を失うのと同じですものね.

今の私に何かできることがあるのかといろいろ考えてみたところ、

えさを与えたり水を与えたりすることしかできないわけですが、

ちょっとでも協力できたらいいなと思っています.

またボランティアに駆け付けたいところではあるのですが、

うちのワンちゃんが弱いものですから、

そう簡単にいくわけには行きません.

この猛烈な暑さの中を本当に大変だと思いますが、

皆さん元気を出してこの困難な状況から立ちなおってもらうことを心から祈ってます

排泄物でもOK

あれだけ心配性の私で、いぬのことに関しては必死になっていた私

そうなのにもかかわらず、最近ではこれだけほんとに特化して集中して見ていられるのかといいますと

やっぱりよそのワンちゃんが元気になっている姿を見て、

もしくは元気に走り回ってる姿を見ると食べ物ですべてが変わるのではないかなと思ったからです.
いろいろなものを与えるのには、ちょっといまだに抵抗があるんですけど、

ネット などで知られていて、良いものがよく出てきますし評価がありますから、すぐにわかります.

でそれでもおそるおそる与えるわけなんですけど、

ここが私の心配性の一番の表れかもしれませんが、

それを喜んで食べてくれると本当に安堵します。ほっとする瞬間ですね.

そして後は、きちんとそれが排泄物として出るのか

それがきちんと消化されているのかまで確認します.

それを考えると前回紹介した品物は本当にいいものだなと思いました.

またちょっと気になっている点もありますので、次に記したいと思います.

臭いが気にならないのがいい。

前回も書きましたが、なぜ半生タイプがうれているのか、

そして生タイプがなぜいいのかということなのですが、

一つきになっていたことがあったんです.

それは臭いです.

どうしてもそのにおいでいやになってしまうことが多いのですが、

このドッグフードに関してはその独特のにおいについてはあまり感じられないのです.

この点につき評価されている人も多いぐらいです.

どうしてもこのタイプはどこがにおいがきつく嫌気がしてしまう事も多いのですが、

この点でも全く問題ありませんでした。

また、それらを食べたいぬはどうして糞尿がきつくなるように感じられます.

それも感じられなかったのでよかったと思います.

なんといっても獣医さんがとても良いと勧めたのがこのスタイルという半生タイプのドッグフードです.

面白いものですね.

同じものでも全く違うものもあるわけですから.

この商品がいかに優れているのかがよくわかります.

うちの子もコレは喜んで食べています。

早速比較してみると。

やっぱりトイプードルのドックフードを見ると、

ちょっと他とは違うなと感じます.

それは自分が飼っている犬だからっていうのもあります.

たいていはそのドッグフードの表にトイプードルの写真が貼られていると思いますが、

それにはやっぱり可愛いなって感じるのです.

打ちの犬とは違って他のいぬであるということはわかってるのですが、

それでもやっぱりかわいくて仕方がありません.

その中でもいろいろと販売されているのですが、

自分がこれだということができる商品というのは

やっぱり他でも同じくすごく人気があることがよくわかります.

ユーザーの評価がとても高いんですよね.

それがすごいなと思います.

よくよく読んでみたらわかるのですが、

半生タイプのものが多いようです.

やっぱり固いものにも少しの生の方がいいというのは他の場合でも同じなんですね.

ちょっとびっくりしました。

やっぱり他の犬と比較することとても大切だなと思いました。

わが犬だけではないのですから。

元気になってきた気がします。

有機栽培で育てられた野菜というのなら何でもいいのかといえば

じつはそうでもないようです.

やっぱり人間が食べて大丈夫なもの、そして安全であるものというのもそうですが、

ドッグフードとして相性の合うものを育てられているということですから、

それを安心してワンちゃんに与えることができます.

ご存知の通りわが家のワンちゃんはとても体が弱いです.

そして私はとても心配性ですので、大丈夫なのかなという気持ちが常につきまといます.

しかし少しずつでも食べてくれるワンちゃんの姿を見るとほっとします.

やっぱりこれがあってよかったなと本当に思います.

ドッグフードの値段が高い安いとかそういうことはどうでもよく、

一生懸命食べてくれればそれでいいのです.

本当においしそうに食べてくれるのでこれは嬉しいですね.

私のところのように、体の弱いわんちゃんを飼っているところは是非ともおすすめです.

有機栽培は絶対にお勧めですね。

ついでに人間もね。

貪欲にやっていこうと。

トイプードルのものなんか買ってもわが子には関係ないと、

弱い犬として考えているから普通のものとしてとらえることなんて出来ないと

勝手に思っていました。

わが子の可愛さに他の子をひげしてみていたのでしょう。

しかし、私が積極的に接するようにしていこうと思ったのです。

私がなにか変わるためとかではないのです。

もっといろいろなことを知っておきたいと思うようになりました。

同じ種類の犬たちは一体どういうものをたべているのか、そういうことが

知りたくなったのです。

それからという物、いうろいろなモン、食べ物や服など

かたっぱしから調べまくりました。

目からうろこの物ばかりでした。

自分で目を背けていたとはいえ、世の中にはこんなすてきなものが販売されていたんだと思うと

ちょっと悔しくもありました。でも、今気付けてよかったです。

だからこれか貪欲になって調べてきますね。

それは皆さんなら等に知っていることかもしれませんが。

がんばります。

有機栽培とワンちゃん

人間が体に弱っている時はおかゆさんか、またはうどんを食べますよね.

そこでワンちゃんの場合はどうなのかというと、

以前にも紹介しました有機栽培で作られたドッグフードが良いという事を聞きました.

なぜそれがいいのか根拠はよくわかりません.

しかもうちの犬は弱っているというか

もともと体が弱いので、その選択のしかたでいいのかどうかまではわかりません。
少なくとも有機栽培で育てられたものがいいというよりも

丹精込めて育てられた野菜であったら

一生懸命愛情込めて育てているうちのワンちゃんにも大丈夫だろうという私の勝手な根拠です.
ちょっとでも、まさにわらをもしがみつきたいというのが本音です.

元気でいてもらいたいですものね.
おいしい野菜を私と一緒に食べるなら、それいいの。

元気よく毎日過ごし欲しいなど、本当に心から願うばかりです.

今日も元気に野菜を食べる。

そして少しでも口にしてくれることで元気になれば願ったり叶ったりです.

うまく仲間を増やして

Instagram を使ってうちのワンちゃんを載せるのは当然のことなのですが、

最近は Facebook などを利用して

仲間をふやしていくことが日々楽しい目標となっています.

どうしても家でワンちゃんと一緒にいてると

ふさぎこみがちになってしまいますし、心配性の私が勝ってしまうのです.

こうやって仲間と一緒にやっているだけでも

たんに文章だけでも全然違うわけです.

自分の気持ちを聞いてもらうのもそうだし、

相手も同じ立場かと共感できるというか、

そういうのを持ちたかったのかもしれません.

そうなるともワンちゃんのことだけでなく、

余裕ができてくるというのが1番大きいですね.

もしかしたら私自身がストレスの対象となっていたのではないかと思うようになりました.

こうやっていろいろな方の意見を聞くというのは本当に参考になります.

これからもワンちゃんのためにも SNS を使って

仲間を広げて行こうかな・・なんて思っています.

パートナーとして

最近は医療機関も増えていますし、動物関係の医療も充実していますので、

寿命もどんどん延びていますね。

嬉しい限りです。

たとえ病気になっても「動物だから・・・」というのはだいぶ世間で

なくなってきている感じがしますね。

本当に嬉しい限りです。

私、この子には長生きしてもらいたいんです。

私はこの子を見届けてから死にたいです。

この子をおいて私が旅立ったらそれこそくいが残ります。

この歳になると、本当に感じます。

一日一日がすべて貴重なんです。

この子にも言っています。「すてきな日々を過ごそうね」と。

この子も分かってくれているようです。

愛くるしい目でじっと見つめられると、こんなに幸せでいいのかと思うほどです。

ぺっトとして飼ったのに、今ではパートナーです。

上下関係ではなく、ヨコの関係です。

年老いた二入の関係はずっと続く物と信じています。

今はヨコで寝ています。

そっと毛布をかけてあげますと、完全に寝入っているのか、

そのままの体勢です。

レンズを通してみる世界

犬の写真を撮りたくていろいろなポーズを頭にえがきながら、

この瞬間をおさめるというのは誰もがわかっていると思います。

うちのワンちゃんでも同じなのですが、レンズを通して見ている時は本当に可愛らしいなぁと思いまして、

今の瞬間にしっかりとカメラに収めたいと思うわけですが、それがなかなかできない。

心配性の私のこと。こうやってカメラのレンズを通して見てるときでもワンちゃん大丈夫なのかな?

なんて思ったりしています.

アップで写すと、目がはっきりとわかります。

すごくしんどそうな仕草を見せると、もうカメラをとるところではないわけです.

重い空気になると思いかもしれませんが、

これが、ずっとこの子と接してきた私の生活です.

その中でもシャッターを切って可愛らしい写真を撮ると本当に微笑ましく思います.

可愛らしいその姿にはとても心が癒されますし、この子のために費やしてきた日々が愛のように感じるのです.

すてきな二次元の世界です。