いとおしく思える時間

体が弱いので、お世話が大変ですよねとか.
食事とか散歩とかも、人一倍気をつかなければいけないので、すごく辛いでしょう?

などと言葉をかけられます。

確かにそれを感じることはありますが、
それがあったからといって、

だからどうなのだ???

というところもあります。

もっと言ってしまえば、はっきり言って「何とも思わない」んです.
むしろ愛情をかけることの方がうれしくて。

なかなかこういった形で人間とは違うのものに対して

愛情を注ぎ込めるというのがあるっていうのは本当に嬉しいんです。

介護や看護とは違って、お世話しなければ、この子は生きていけません。

だからこそ、愛情をかければきちんと返してくれるのが、たまらなく嬉しいんですね.

何か見返りを求めるためにこの子のお世話をやっているわけではないんですよ。

辛いのは、この子がいつまでもそばにいてくれるのか

どうかわからないということそれだけなんですよ。

だkらこそ今の時間がいとおしく思えるんです。